沖縄・座間味島
阿真ビーチを中心に島の自然を守る活動を続けています。




野生のウミガメが自然のままに海草を食べに集う阿真ビーチ。
沖に広がる美しいサンゴ礁。
スクやタマン、ティジャラやタクなど、さまざまな海の幸・・・。
地域の豊かな自然は、かけがえのない宝です。

その自然を守りながら親しむことを目的に、2011年5月、
『ウミガメと里海を守る会』(通称『ウミ里会』)は誕生しました。

地域住民を中心に、阿真の自然を愛する人で力を合わせ、
自然からの恵みに感謝しながら、活動しています。
それぞれのできることで楽しく連携し合って、
この宝を未来へとつなげていきたいー。
子どもたちの誇れる「故郷の海」と
観光客の「心の故郷」であり続けることを願っています。

                         ウミガメと里海を守る会 
                           会長 高松明日香うみまーる)

阿真ビーチのウミガメがピンチ!

今、阿真ビーチ周辺で開発計画が持ち上がっていて、見直してもらおうとがんばっています。
座間味ファン、阿真ビーチファン、ウミガメファン、そして地球の自然を愛するみなさん、
ぜひ、お力を貸してください。詳しくは、こちらをチェックしてください。